スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デバイスタイル コーヒーメーカー

deviceSTYLE CoffeeMaker




今回は私も使っているコーヒーメーカーです。

ゴールドフィルターを使用した
自然な甘さが自慢です。



デバイスタイル コーヒーメーカーdeviceSTYLE CA-6-R (Italian Red)


デバイスタイル コーヒーメーカーdeviceSTYLE CA-6-R (Italian Red)


価格 5,980円 (税込) 送料込




美味しいコーヒーを淹れるコツは

・フィルターは、『 ゴールドフィルター 』 を使用

・抽出時の温度は90度前後に

・抽出時間は4分を守って

・おとし終わった後のコーヒーはヒーターで加熱しない
  
・できればカップ内のコーヒーの温度は80度前後に
    (季節により変わります)



この通りにコーヒーを淹れると、
豆本来の香りや甘さをはっきり引き出せるので、
格別美味しいコーヒーを味わえるそうです。




残念ながら、通常のコーヒーメーカーは
ヒーターのワット(W)数が小さい為、
抽出時間が4分以上になってしまうのがほとんどなのです。
 
さらに、第1投目から熱いお湯が注がれてしまうタイプが
多いため、豆を焦がしてしまいます。
(100℃~130℃前後のヒーターを使ってるコーヒーメーカーが多い)




そこでオススメなのが

ゴールドフィルターを使用し

1000Wのヒーターを搭載して
4分以内という短時間で摘出することができ

ソフトヒーティングシステムという
煮詰まらない低温で保温する

このCA-6なんです。




少し低めの温度で出来上がりますので
アツアツがお好きな方はポットやカップを
お湯などで温めておくといいでしょう。




ちょっと猫舌気味の私にはピッタリでしたが(笑)




あとですね
少し前に話題になった、
コーヒーに含まれ、ダイエット効果のある
クロロゲン酸というのは熱に弱いらしく
浅煎りの豆を80℃~90℃で淹れるのがいいらしいです。



このコーヒーメーカーにピッタリじゃないですか!!





これには浄水フィルターもついているので
水道水でも美味しいコーヒーを淹れる事ができます。


ですが私は、前に紹介した 浄水ポット ブリタを使っているので
フィルターは取り外して使用しています。


外して使っても特に問題はないようです。





ゴールドフィルターを使うと
細かい粉が残ってしまうという説明がありますが
(ペーパーフィルターより目が荒いため)
私が使ってみた感じでは全然気になりませんでした。

ちなみにペーパーフィルターも使えますよ!



どうしても気になる方は
細かい粉を振り分ける


マイクロパウダーセパレーター


こだわりぬくコーヒーファンへ!デバイスタイル MPS-50マイクロパウダーセパレーター
こだわりぬくコーヒーファンへ!デバイスタイル MPS-50マイクロパウダーセパレーター

価格 2,100円 (税込) 送料別


などを使うといいかもしれません。





色は4色ありまして

デバイスタイル コーヒーメーカーdeviceSTYLE CA-6-W (White)

デバイスタイル コーヒーメーカーdeviceSTYLE CA-6-BR (Dark Brown)

デバイスタイル コーヒーメーカーdeviceSTYLE CA-6-Y (Pumpkin Yellow)



お好みのものをどうぞm(__)m





あっ!
そういえばこれの兄弟に
真空二重構造の保温ポットを搭載した
CA-5というのもあるのですが


デバイスタイル サーモコーヒーメーカーCA-5S-BR(ブラウン)

デバイスタイル サーモコーヒーメーカーCA-5S-BR(ブラウン)

価格 9,800円 (税込) 送料込





ヒーティングの必要がないので、
煮詰まらず温かいままのコーヒーが飲めて
ガラスではないので直接ポットに氷を入れて
アイスコーヒーを作る事ができます。



ですが、店頭で触ってみたらポットが開けにくそうなのと
少し値段が高いので私はパスです。






■URL
deviceSTYLE
http://www.devicestyle.co.jp/











この記事のトラックバックURL

http://emonohaken.blog37.fc2.com/tb.php/38-822d707d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。